栄枯

a0008508_2402017.jpg

いろいろ書くべきことはあるのですが、まず先々週に行った夕張の写真を。

かつて、夕張は炭鉱で栄えていました。
その栄えていた形跡があちこちにまだ残されています。
それらを巡っていると、色々なことを考えさせられます。

栄えていた形跡、とくに炭住や廃校になった小学校などの建物等は、歴史的価値は高いと思われるので、出来る限り保存し、残して欲しいなと外から来たものからは思ってしまいます。
でも、実際に住んでいる人にしてみれば、、風雪による建物の傷みはすさまじく、保存し維持するのはとても大変だし、やはりすぐ側に廃墟があることは、気分的にもいいものではないため、撤去して欲しいと思うのもしょうがないかなぁって思います。

でも、やっぱり無駄と思える新しい建物や博物館、運動公園、遊園地なんかを作るお金があったのであれば、古い建物を残したほうがよっぽど観光資源として有効だっただろうなぁなんて思いました。
[PR]

by kazutoto | 2007-10-17 02:51 | 写真

<< 賑わいの気配 花が枯れるのは、死ぬためではな... >>